グラスフェッドバターを購入する3つの方法

グラスフェッドバターを購入する3つの方法

グラスフェッドバターって種類が少ないし普通のスーパーには売っていないですよね。

 

でも、安心して下さい。
ちゃんと購入できるんですよ。

 

このページでは、グラスフェッドバターを入手するための方法を紹介します。

 

グラスフェッドバターを購入する3つの方法

グラスフェッドバターを手に入れるには、主にこの3つの方法があります。

 

・通販で買う
・個人輸入する
・一般店舗で買う

 

通販で買う

1番簡単な方法です。
数は少ないですが、楽天などでグラスフェッドバターは販売されています。質の良いバターについてコチラのページで紹介しています。

 

個人輸入する

アメリカから個人輸入でグラスフェッドバターを購入することもできます。

 

アメリカも基本は普通のバターです。しかし、健康にこだわる人やリッチな階層の人は、値段が高めで普通のバターより質の良いグラスフェッドバターを使っています。

 

お店で購入する

数少ないですが、お店にも売っています。

 

カルディや成城石井でも、現状でみつけたことはありません。
コストコにもありません。一般的に「大手スーパー」と言われるお店にはほとんどありません。

 

ならどこで買うの?という話ですが自然食品のお店などに稀に置いてあります。
個人経営でカラダに優しい無添加な食材を中心に扱っているお店なら、たまに見つけることが出来ます。しかし、そういうお店はスーパーや

 

グラスフェッドバターはなぜお店にないのか

少し話がズレますが、なぜグラスフェッドバターがたくさん売られていないのかを考えてみたいと思います。

 

グラスフェッドバターというのは、厳密にいえば100%の牧草だけたべて育てられた牛から作られるバターです。穀物飼料で育てた牛ではありません。

 

一般的なバターは、穀物飼料を中心に育てられています。
その方が早く大きくなって利益効率がよいからです。酪農とはいえ、利益がないとやっていけないです。気軽な値段で売られているバターは、ほぼ穀物飼料の牛から作られたバターです。

 

ただ、牛はもともと草食動物です。
穀物で育てると、早く大きくなるので、利益効率がよいのです。気軽な値段で売られているバターは、ほぼ穀物飼料の牛から作られたバターです。

 

「安い」ということは重要ですよね。
だから、安さを求められる大衆向けのスーパーやカルディ、コストコや業務用スーパーには売っていません。一般的に、お店も会社も、利益がないと続けられません。だから、利益が出ない商品、売れない商品は置きたくないですよね。

 

グラスフェッドバターが少ないのには、こういう理由があるからです。
欲しい人や買う人が少ないうえ、グラスフェッドバターを作るには値段もお金も高くなります。手間もかかります。なので、少ししかなくて高くなってしまうんです。

 

バターコーヒーダイエットが日本で流行ったのはIT企業家が書いた本「シリコンバレー式 最強の食事」です。お金があるセレブな方なんです。

 

でもやっぱり、もう少し気軽に買えたら、というのが本音です。
日本でも、もっとグラスフェッドバターの需要がふえて、牧草だけの酪農家さんが出てきたら嬉しいですよね。

 

この他、放牧牛の牛乳を発酵させて手作りするという方法もありますが、その紹介は、また今度。

 

※ただし、個人輸入の場合は1回で合計10kgまでとかいう法律の決まり事もあるみたいです。個人で大量に輸入しようと思っている人は、調べてからにしてくださいね!

 

>>グラスフェッドバターの最安値はこちらのページで紹介しています。